S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ROCK IN JAPAN FES.2019

4683FF23-97E5-4192-B7CE-8228337255D3.JPG

 

記念すべき20年目のROCK IN JAPAN FES.2019。

今年も撮影で参加させて頂きました!

ボクは2年目からの参加で、大トリのDragon Ashのkjじゃないけど(一緒にするのは大変おこがましいが)、ボクもこのフェスに育てて頂いたと感じている。

今の自分の撮影スタイルであるドキュメントスナップはこのフェスから。

撮影内容はスナップからポートレートになったけど、現場を大切にするということでは、スナップもポートレートも一緒で、今でも学ぶことがとても多い。

合計5日間の長丁場だったけど、大変感慨深い撮影となった。

 

オフィシャルサイト

 

EC9B16E0-7C6D-442F-9E85-AA83CD5A8EC4.JPG

置物みたいだなー。

| 撮影現場から | 15:17 | - | - |
SCOOBIE DO×向井秀徳

スクリーンショット 2019-08-14 15.38.13.jpg

 

撮影しました!@音楽ナタリー

 

編集者のヴィジュアルイメージをいかに写真で表現するかがプロの仕事だけど、撮影は手探りで始めました。

キメの写真をの指示を受けて向井さん、SCOOBIE DOのみなさんが応えてくれた表情とポーズがトップページの写真(イメージ通りと編集者)、タイトルと相まって良い感じです。

さすがはみなさん(編集者、向井さん、SCOOBIE DOのメンバー)、フィーリングが通じ合ってる。

ボクはシャッターを押すだけでした。

みなさんのお陰です!

 

音楽ナタリー

| 最近のオシゴト | 23:42 | - | - |
『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

67799575_2453612848049120_2208145877757853696_n-1.jpg

 

ワイルドスピード感はなく、どちらかといえばアメコミ作品になってたけど、ファミリー感を出してくるところは今作も健在。

えっ、そんな感じで?っていう具合に。

伝家の宝刀も観れたし、お腹いっぱい!

荒唐無稽な話はいつものことで、ツッコミどころ満載だけど、このコンビ好きだから全く問題ナシ!

 

| 観た | 23:20 | - | - |
『東映ヒロインMAX』

ボクの知人が創刊号以来手掛けている『東映ヒロインMAX』で今回も撮影しています。

ボクがスキャンしたので、ノドの部分の重なりと色味調整がうまく出来ませんでしたが、本誌はもちろん綺麗に仕上がっています。

ボクは創刊号以来、仮面ライダーシリーズを担当していますが、ここ何シーズンかは戦隊のキャスト撮影もしています。

ここから皆さん卒業してさらなる活躍を目指していくわけですが、このタイミングでの撮影は一年を通して取材してきただけに感慨深いものがある。

いつかまた成長した姿を撮影したいな。

 

00.jpg

 

01.jpg

 

02.jpg

 

03.jpg

 

大幡しえりさん

 

04.jpg

 

05.jpg

 

06のコピー.jpg

 

07.jpg

 

尾𥔎真花さん

 

08.jpg

 

沢井美優さん

 

03.JPG

 

04.JPG

 

05.JPG

 

06.JPG

 

07.JPG

 

北原里英さん

 

00.JPG

 

01.jpg

 

02.JPG

 

金城茉奈さん

| 最近のオシゴト | 23:26 | - | - |
アラーキーの教え

写真学校の時の課題で撮影した写真。

 

67587889_2428720903871648_3692851282403393536_n.jpg

 

確か街中で見知らぬ人のポートレートスナップを撮るというものだったと思う。

カメラを始めたばかりのボクは声を掛けて撮らせてもらったり、いきなりカメラを向けてスナップしたりと試行錯誤して課題提出したのだった。

しかしこの写真、学校の先生には全否定された。

このテーマが何で、どういった意図があったのかと問いただされ、『女の子と目があって可愛らしい表情だったからすぐさまシャッターを押した』と言ったところ、これまた全否定。

自分でも特別良い写真だとは思わないけど、それでもマニュアルフォーカス(NIKON FM2 チタン)でよくピントが合ったなと思ったし(しかも絶妙な被写界深度 )、お母さんに早く行くわよと注意されてもボクのカメラに興味津々な女の子の表情は悪くないのになと感じていたから、全否定は悲しかった。

ボクからすれば、写真を始めたばかりの学生にいきなり頭でっかちなことを説き、まずは写真を撮ることの楽しさを教えずに全否定なんて、こりゃダメだなと。

それからは、その先生の授業にはあまり出ず、自分で好きなモノ、好きなコトの写真ばかり撮っていた。

そのせいでその先生には目をつけられ印象は悪かったけど、学年の中で誰よりも多くの写真を撮った自負はあった。

のちにあるコンテストでアラーキーにそれで良いんだよと言われた時は嬉しかったな。

撮ってくことでテーマが見えてくるし、テクニックなども自然と身についていくのだと。

写真で悩んでたら、とりあえず街に繰り出して写真を撮る。

今もアラーキーに言われたことを実践している。

| 考えた・感じた | 23:02 | - | - |
| 1/415PAGES | >>