S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
菅田将暉さん

菅田将暉さん撮影@ロケーションジャパン

 

菅田さんを撮影するのは去年の表紙撮影以来(となりの怪物くん)。

最初に撮影したのは仮面ラーイダーWご出演の時で、それから定期的に撮影させてもらっているのだけど、お会いするたびにいつも驚くのは、毎回違った雰囲気を纏っていること。

そのタイミングの役柄に合わせているからというのもあるけど、それよりも内面から滲み出る自信の表れが見てとれて、確かな成長過程を感じられること。

男子三日会わざれば刮目して見よとあるように、今回はどんな感じだろうと、菅田さん撮影を毎回楽しみにしている。

今回撮影したこの表情、憂いを帯びた眼差しで色気がハンパなかった。

撮影に入れば途端にスイッチが入り、その場の空気ごと変えてしまう集中力なんだけど、それが終わればいつもの人あたりの良い菅田さんに戻るさまは、単純に凄いなと。

今後のご活躍を楽しみにしている。

 

ロケーションジャパン

 

LOCATION JAPAN 菅田将暉?.jpg

 

LOCATION JAPAN 菅田将暉?.jpg

| 最近のオシゴト | 23:29 | - | - |
古田新太さん

本日発売の『週刊現代』にて、古田新太さんを撮影しています!

モノクロ8P。

撮影は舞台の記者会見があった日で、インタビュー取材など古田さんのスケジューリはみっちり詰まっていたのだけど、現代の撮影は気分転換にと無理言って外に連れ出しました。

ちょうど陽が傾いたタイミングの撮影となり、西陽に照らされた古田さんは、図らずもオトナの男の哀愁を漂わせる渋い写真になったのでした。

インタビューはこちらも気分転換にとビールを飲みながら。

同席させてもらった印象では、役者仲間や後輩たちが古田さんを慕って飲みたくなるのがよーく分かるお人柄でした。

詳しくは本誌テキストで。

面白い内容になっていますよ!

 

0E71F565-482A-41E7-9F66-1422DD4DE12F 2.JPG

 

週刊現代twitter

| 最近のオシゴト | 23:16 | - | - |
工藤静香さん

57277AA2-E1F1-4994-8CB5-E6138721546F.JPG

 

工藤静香さん撮影@Yahoo!

 

撮影の相性は良かったと思う。

ボクの撮影を楽しんでくださっているのが見てとれたし、途中から自らポーズをとってくれたり、アイデアを出してくれたりで、現場は終始和やかな空気でした。

最後は控室まで入れてくださり、リラックス笑顔まで。

学生時代にテレビ越しからよく見ていた方だったから、その工藤さんを撮影するなんてと、なんか不思議な感じでした。

 

Yahoo!

| 最近のオシゴト | 01:07 | - | - |
財閥の名建築・名庭園をゆく

発売中の週刊ポストにて、團遥香さんをナビゲーターを迎え、財閥の名建築・名庭園の撮影担当をしています。

ボクは日本橋・三井本館前の團遥香さんと内観、江戸東京たてもの園にある三井八郎右衛門邸での團遥香さん、内観、外観を撮影しています!

前回は同じく團遥香さんで東京坂道さんぽ特集

個人的にはこの探訪シリーズが続けば良いなと思っている。

 

團遥香.jpg

| 最近のオシゴト | 15:02 | - | - |
アントニオ猪木さん

発売中の『証言 プロレス死の真相』にて、アントニオ猪木さんを撮影しています!

 

BFE4AF77-A25F-4F8F-8AEF-EC44A19BA4D7.JPG

 

御歳76歳のアントニオ猪木さん。

ひとたびカメラの前に現れるや、抜群の存在感と鋭い眼光で、未だキラー猪木健在!の写真になったのでした。

アザーカットではムフフッと笑う猪木さんも撮らせてもらいましたが、個人的には笑顔の猪木さんも好きだったりします。

痺れる撮影だった!

 

IMG_0557.JPG

 

河出書房新社

| 最近のオシゴト | 12:07 | - | - |
小林誠司×石川慎吾 菅野智之×里綾実

発売中の『プロ野球ai』は、今回初めてお仕事する媒体。

 

15.jpg

 

小林誠司選手×石川慎吾選手撮影では、先輩後輩という間柄でありながら、同じ大阪府堺市出身ということで、絶妙な掛け合い漫才のような楽しい対談でした。

なので、その場の空気感をそのままに、爽やかな写真を目指しました。

 

16.jpg

 

菅野智之選手×里綾実選手撮影は、“日の丸”を背負うエース対談として、日の丸を背負い世界と渡り合う者しか感じ得ない濃密な対談内容になっています。

撮影は短時間。

そのため、ボクのテンション高めの撮影姿を菅野選手はイジるイジる(笑)。

菅野選手のそのおかげで現場は笑いに包まれ楽しい撮影になったのでした。

 

ジャイアンツの選手の撮影は二年前の宮崎キャンプ以来。

球界の盟主ジャイアンツ。

“常に紳士たれ”の通り、選手、広報担当、みなさんとても協力的でとても取材し易かった。

 

本誌では他にも千葉ロッテマリーンズの荻野貴司選手を撮影しています!

こちらはビシッとスーツ姿を撮影させて頂きました。

合わせてご覧下さいませ。

よろしくお願い致します!

 

プロ野球ai Twitter

| 最近のオシゴト | 07:08 | - | - |
とんねるず・石橋貴明さん

とんねるず・石橋貴明さん撮影@yahoo!

 

タカさん.jpg

 

yahoo!の記事はコチラ

 

ボク世代のほとんどの方が何かしらとんねるずの影響を受けているはず。

ボクにとってもまさにそうで、とんねるずはヒーローそのもの。

だから今回撮影依頼がきたときはとても嬉しかったし、編集部には大変感謝している。

と同時に、どうアプローチしてどう撮ろうかと、すぐさま素に戻って緊張し始め、それが撮影当日まで続いた。

ノリさんと違って(映画『いぬやしき』の際ノリさんとは撮影でお会いしている)タカさんはなかなかメディアに出てインタビューをお受けしているところをお見かけしたことがなかったし、テレビ画面からのみ見ることができる方だと思っていたので、それぐらい貴重な機会だなと。

そしていざ対面。

抜群の存在感だけど、礼儀正しい丁寧なタカさんがそこにいて、そんなタカさんを見ていたら一気に緊張感が和らぎ、それからは自分でも驚くほど冷静になって撮影に入ることができた。

撮影に関して注意していたのは一点。

タカさんには気持ちよく撮影とインタビューを受けてもらうこと。

それがうまくいけば、自然とタカさんの良い表情が撮れると思ったし、良いインタビューになると思ったから。

取材は撮影が先だったので、ファーストインプレッション、ボクの撮影如何でこの取材の命運が掛かっていると勝手に気負って挑み、現場を盛り上げながら撮影を開始した。

タカさんには小細工せずに正面突破!

テンション高めに一気に距離を縮め、懐に。

そこへタカさんの愛あるツッコミとボクへのイジり(光栄!嬉しい!)が入ると、タカさんから離れて距離をとるという、ヒットアンドウェイのごとく、それを繰り返した。

現場は編集チームやタカさんのスタッフをも巻き込み(協力して頂き)良い雰囲気だ。

タカさんも終始和やかに楽しそうに笑い、時々ボクをイジる。

短時間だったけど、夢のような濃密な時間。

撮影後はもぬけの殻のようにぐったりしてしまった。

撮影中のタカさんは、イメージ通りヤンチャな子供がそのまま大人になったような方(もちろん良い意味)だったけど、実際にお会いし、インタビューを同席させてもらった印象だと、別の一面も。

繊細で優しく、モノゴトを引いた目線で見極めるプロデューサー的側面をお持ちの方だったのがよーく分かった。

 

『でっかいホームランを打たなきゃ、誰も見てくれない』

 

タカさんらしい言葉だし、モノを作る上では大切なことで、その言葉に勇気を貰った気がした。

またタカさんとノリさんのとんねるずとして、規格外の楽しい企画を待っている。

とんねるずにはまだまだ第一線で頑張って貰わないと困る。

ボクのヒーローだから!

 

追記

実は画面越しではタカさんと共演しているんです(笑)!

 

61004682_2322722867804786_6050902599807270912_n.jpg

 

当時のブログ

| 最近のオシゴト | 09:01 | - | - |
水谷豊さん

水谷さん.jpg

 

水谷豊さん撮影しました@Yahoo!ニュース

 

水谷さんの撮影は3回目。

ソフトでフランクな人柄は一度お会いすれば誰でも魅了されてしまいます。

しかも撮影終わりには、ボク、アシスタント、編集者、ライターと、ひとりひとり丁寧に握手してくださり、最後に『サンキュー』と言って颯爽と立ち去るものだから、まさにスターそのもの。

水谷さん監督作品は公開中です!

 

記事の内容はコチラ

 

 

 

| 最近のオシゴト | 23:32 | - | - |
伊藤蘭さん

週刊現代 伊藤蘭.jpg

 

発売中の週刊現代にて、伊藤蘭さんを撮影しています!

 

先日水谷豊さんを撮影したばかりで、そのタイミングでのランさん撮影だったから、なんという巡り合わせ!と、オファーが来た瞬間とても嬉しかった。

撮影は『サワコの朝』のテレビ収録密着と屋外での撮りおろし。

撮りおろしの撮影は、ポカポカ陽気の中、蘭さんのソロデビューをお日様も祝福しているようで、キラッキラの蘭さんを写真に収める事が出来たのでした。

まさか幼少期に熱狂して応援していた蘭さんを撮影できるなんて。

しかもボクの撮影指示を蘭さん笑顔で対応してくださってる。

撮影中、ボクは思わず『可愛い!』を連発!

ちょっとボクなんかが失礼な言い回しかなとすぐに感じたけど、だってホントに可愛いから!と開き直り、その後も図々しく本音を連発。

もちろん、『お綺麗!』でも良かったのだけど、仕草がとっても可愛らしかったから、ニュアンスとして『可愛い!』をあえてチョイス。

蘭さん、そんなボクの撮影を楽しんでくださったようで、撮影は終始和やかな雰囲気のまま無事に終えました。

ページ数の都合上、厳選に厳選したカットが選ばれていますが、他にも蘭さんの魅力全開のカットが多数あり、しかもオリジナルのカラーがとても綺麗だから、それをお見せできないのが残念ではありますが、本誌では蘭さんの魅力を凝縮した形でページ展開していますので、自信を持ってお知らせしたいと思います!

蘭さんのソロデビューアルバムは発売は5月29日。

事前にアルバムを聴かせてもらいましたが、とっても良いです!!

 

アルバム情報

 

 

| 最近のオシゴト | 12:46 | - | - |
玉森裕太さん

玉森裕太さん撮影

 

1D962412-87E8-4F4C-8DA4-B4E32641CEBC.JPG

 

撮影は時間との勝負だった。

ビルの隙間から差す太陽光を活かしたロケ場所を選んだのだけど、ご登場までにその光は差したり陰ったり。

しかし玉森さんがご登場したあとは光も安定し、当初イメージしていた通りの写真になったのだった。

憂いを帯びた玉森さんの表情がとても良かった。

| 最近のオシゴト | 01:44 | - | - |
| 1/41PAGES | >>