S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
『凪待ち』

 

良かった!香取慎吾さんがとにかく良かった!!

他の演者の演技も、キャラ設定も、監督の演出も、ホンも、全てが良かった!

観賞後の余韻は、なんか良質な小説を読んでいるような読後感で、観終わって1時間経つが、まだその余韻に浸っている。

昨年、『スリービルボード』というこれまた傑作を観たのだけど、それを観た時のような同じ種類の余韻。

香取さん、良い作品、良い監督に出会ったんだなー。

今後の役者仕事が楽しみ!

 

| 観た | 00:35 | - | - |
『ザ・ファブル』

65292102_2373144852762587_59079624503590912_n.jpg

 

岡田准一さんのアクションはホンモノ!

ジェイソン・ボーンシリーズのような骨太アクションを是非ハリウッド作品で観てみたい。

岡田さんなら可能だと思うなー。

 

| 観た | 01:07 | - | - |
『白い巨塔』

白い巨塔.jpg

©tv asahi

 

TVerでの放送終了ギリギリ間に合った。

最後まで観て思ったのは、今現在考えられる完璧なキャスティングだったということ。

過去作と比べられて岡田准一さんの財前五郎はどうなの?って意見があったようだけど、ボクの中ではドンピシャだった。

里見修二役の松山ケンイチさんも良かったし。あとね、花森ケイ子役の沢尻エリカさんが艶やかで可愛らしかった。

演出、カメラワーク、音楽も良かったな。

つまりは文句なく全部良かった!!

 

tv asahi

 

 

| 観た | 01:54 | - | - |
『スノー・ロワイヤル』

07.jpg

 

不思議な味わいで少々肩透かしをくらった感じだけど、それもまた良かった。

 

| 観た | 00:44 | - | - |
ジャッキー・チェン!!

ジャッキー.jpg

 

観てきた!!

ジャッキー最強!!

哀愁たっぷりジャッキーがまた良い!!

 

| 観た | 23:58 | - | - |
『ハンターキラー 潜航せよ』

28D8D0D4-57FA-485D-AECF-35E45FC0A950.JPG

 

まさにミッションインポッシブル。

荒唐無稽な話だけど、最後まで緊張感をもって楽しむことができた。

同じ潜水艦を舞台にした話だと、『レッドオクトーバーを追え』があって、まあ面白くはあるんだけど、そんなオチ?(動機)っていう拍子抜けする終わり方だったが、今作はちょっとジーンときてしまった。

それはミカエル・ニクヴィストが出ていたから。

『ミレニアム』シリーズや『ミッションインポッシブル・ゴーストプルトコル』、また『ジョン・ウィック』で鮮烈な印象を残したスウェーデンの名優の最期の勇姿を見届けた想いから。

残念ながら2017年に亡くなってしまったんだけど、今作でも重要な役どころで、またしても鮮烈な印象を残していた。

あと、ジェラルド・バトラーは安定感ある男臭さで、そこもまた良かったところ。

 

 

 

 

| 観た | 23:19 | - | - |
『Beautiful Boy』

02.JPG

 

父の愛情を一身に受けた恵まれた環境なのに、なんで?どうして?の連続。

きっとそれが分からないから薬物依存は恐ろしいのだと感じた。

と同時に、その恐ろしさから抜け出すのは無償の愛と周りのサポートが大切なことも。

 

| 観た | 23:55 | - | - |
『希望の灯り』

06.JPG

 

また素敵な作品に出会ってしまった!

邦題からボクの好きなアキ・カウリスマキ監督作品を連想して興味が湧いたのだが、市井の人々の声なき声をすくい上げるという意味で、ボクはこれまた好きなケン・ローチ監督の眼差しにも共通性を感じた。

社会の片隅で人と人がそっと寄り添い日々暮らしている。

ささやかな喜びと小さな哀しみ。

けっして恵まれた労働環境ではないのだが、その姿は温かく美しい光景であった。

 

 

追記

帰宅して気づいたのだが、ボクの好きな作家・上原隆にも通じる世界観だった!

| 観た | 02:51 | - | - |
『THE GUILTY』

02.JPG

 

トム・ハーディの『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』を思い出した。

息苦しくなるほどの濃密な緊張感。

想像力が研ぎ澄まされる。

まだまだ映画表現の可能性があるんだなと思った。

 

 

| 観た | 00:53 | - | - |
『しんがり〜山一證券 最後の聖戦〜』

江口洋介さん主演の『ヘッドハンター』がとても面白く、しかも激シブ演技に魅了されてしまい、同じく江口さん主演の『しんがり〜山一證券 最後の聖戦〜』をAmazonプライムで観始めた。

事件の詳細はコチラでご確認頂くとして、これがまたすこぶる面白さで、崖っぷちに追い込まれた企業戦士たちの熱き物語だった。

驚いたのは原作が元読売ジャイアンツの清武オーナーだったこと。

勉強不足だったが、現在はジャーナリストとしてご活躍とのこと。

江口洋介さんは撮影したことがないのだけど、あるドラマの現場でお見かけしご挨拶したことがある。

そしたら江口さん、すれ違いざまに『どうも』と会釈され颯爽と立ち去っていった。

その所作、立ち振る舞い、歩く姿が痺れるくらいカッコ良かったこと。

年齢を重ね益々演技に磨きがかかった江口さん。

いつかは撮りたい人のひとりである。

 

スクリーンショット 2019-03-15 9.06.01.jpg

 

 

 

| 観た | 09:09 | - | - |
| 1/35PAGES | >>