S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
松本出張

00.JPG

 

今日の現場は松本。

あずさ号快適!

登山客を想定して車両に荷物置き場が設置されてあるので、荷物多めのカメラマンにも便利。

コンセントも常備されているから、帰京するまでに画像セレクト完了。

続きを読む >>
| 撮影現場から | 16:03 | - | - |
正真正銘、プロレスラー。

昨日は久しぶりにリングサイドで試合写真を撮影した。

全盛期を彷彿とさせる盛り上がりで、当時少女だったファンは今はお母さんとなり、親子二代で観戦なんて姿も多々見られた。

魅せることがプロレスラーとして大きな要素のひとつであるのなら、まさしく正真正銘、プロレスラーだった。

リングサイドに陣取る専門カメラマンとは過去何度かバトルになった(若気の至り)こともあり、今はもう大人だからそうならないよう撮影前に『お邪魔します!』『よろしくお願いします!』と挨拶したのだけど、マイルドにだがチクっと上から目線で釘を刺された。

全ては良い写真にするため。

『すみません』って頭を下げていれば問題ナシ。

こういった現場での立ち振る舞いも経験の積み重ね。

いろんな意味で月日を感じた撮影だった。

 

000.jpg

続きを読む >>
| 撮影現場から | 03:19 | - | - |
雨の鳥取砂丘

002.jpg

 

仕事です!雨の鳥取砂丘。独り占め!

 

001.jpg

 

撮影後は身体ポカポカ蟹鍋。

続きを読む >>
| 撮影現場から | 23:40 | - | - |
新潟出張

来月中旬まで地方への出張が続く。

今日は新潟。

東京は暖かかったし、出張時の機材は大荷物なので、汗をかくことを想定して薄着で行ったら、新潟めちゃくちゃ寒かった。

しかし、撮影終わりに皆さんと軽く食事をした際に日本酒をまあまあ飲んだので、今はTシャツでもポカポカ。

写真は行きの新幹線のお楽しみ、タキモトの贅沢ミルフィーユ。

 

011.jpg

 

012.jpg

続きを読む >>
| 撮影現場から | 23:17 | - | - |
歌舞伎町Halloween

 

昨夜は仕事帰りに新宿歌舞伎町に寄った。

ちょっとしか時間なかったけど、ハロウィンを楽しむ人たちを撮ろうかなと。

ただ、渋谷の狂騒状態(今年はどうだったか分からないが)には行く気になれず、きっと歌舞伎町なら適度な盛り上がりかなと行ってみたものの、仮装姿の人たちはあまりいなかった。

それでもボクのカメラに収まってくれた人たち。

 

08.jpg

1枚目はスペインから来てくれたカップル。赤色が目に留まって。控えめで慎ましやかなとこも好感持った。日本を満喫してくれたら嬉しい。

 

07.jpg

2枚目の男の子はシャイボーイでカメラ向けたらママに隠れちゃった。

 

09.jpg

3枚目は突如『フォウ!』って雄叫びが聞こえたんで振り向いたら、マイケルだった。『ヘイ!』って声を掛けたらBADの決めポーズをしてくれた。日中はグラビア撮影でモデルさんと同じく(合わせて)ボクもいろんなポーズで撮影したから、今朝は筋肉痛と心地よい疲労感。

 

 

続きを読む >>
| 撮影現場から | 23:55 | - | - |
雨の日の撮影

 

昨日の雨空からうってかわって今日は気持ち良いくらいの晴天。昨日の撮影が今日みたいに晴れてたらなーとは思ったが、雨空の撮影はそれはそれで嫌いじゃない。雰囲気のある良い写真になることが多いから。ただそれは被写体あってのこと。被写体はもちろん、スタイリストや相手側スタッフの協力が不可欠。特に昨日の撮影は外ロケ撮影が必須なものだっただけに、撮影前の雨空にはかなり気を揉んだ。しかし幸いなことに、事務所からは快いお返事を頂き、事前にご挨拶したスタイリストさんにも、『ちょっと濡れたくらいは問題ないので、気にせず撮影に集中してください』と。さらに『濡れたとしてもその状態をケアするのがボクの仕事なんで』と男前なお言葉も。ここまで好条件が揃ったら、あとはカメラマンのボクの責任。攻める時は攻め、気を使うべき時はすぐさま引いて雨の中撮影敢行。ビニール傘の雨粒が瑞々しさを演出するしずる感となり、柔らかな表情をより良いものにするのに一役買っていた。仕上がりを見たクライアントの満足げな表情を確認できたので一安心。写真は雨空のイメージで、今撮りためてるポートレートシリーズから。

 

06.jpg

 

07.jpg

続きを読む >>
| 撮影現場から | 22:25 | - | - |
『TOKYO GAME SHOW 2019』

先日大好評のうちに閉幕した『TOKYO GAME SHOW 2019』今年もいつお世話になっているクライアントのオシゴトで会場に足を運びました。毎回オシゴト前に早めに現場に行き、会場散策してイベントを彩るお姉さん方の撮影をするのも恒例となってきました。現場ポートレートの勉強になります。

 

01.JPG

 

07.JPG

 

00.JPG

 

02.JPG

 

03.JPG

 

04.JPG

 

05.JPG

 

06.JPG

 

09.JPG

 

08.JPG

続きを読む >>
| 撮影現場から | 22:32 | - | - |
TOKYO GAME SHOW 2019

今年もお付き合いのある専門学校の仕事でTOKYO GAME SHOW 2019に行ってきました。

休憩時間には会場を散策してコンパニオンのお姉さま方の撮影を。

 

01.JPG

 

00.JPG

 

03.JPG

 

04.JPG

 

05.JPG

 

02.JPG

 

07.JPG

 

08.JPG

 

06.JPG

 

09.JPG

 

 

| 撮影現場から | 22:56 | - | - |
ROCK IN JAPAN FES.2019

4683FF23-97E5-4192-B7CE-8228337255D3.JPG

 

記念すべき20年目のROCK IN JAPAN FES.2019。

今年も撮影で参加させて頂きました!

ボクは2年目からの参加で、大トリのDragon Ashのkjじゃないけど(一緒にするのは大変おこがましいが)、ボクもこのフェスに育てて頂いたと感じている。

今の自分の撮影スタイルであるドキュメントスナップはこのフェスから。

撮影内容はスナップからポートレートになったけど、現場を大切にするということでは、スナップもポートレートも一緒で、今でも学ぶことがとても多い。

合計5日間の長丁場だったけど、大変感慨深い撮影となった。

 

オフィシャルサイト

 

EC9B16E0-7C6D-442F-9E85-AA83CD5A8EC4.JPG

置物みたいだなー。

| 撮影現場から | 15:17 | - | - |
さかなクン

12.jpg

 

さかなクンから直接頂いたステッカー。

現在発売中の『JAPAN』の特別付録にて、JAPAN JAM 2019のSKY STAGEご出演のアーティストの撮影を担当しています。

その中でスカパラ×さかなクンを撮影したのだけど、逆光をうまくストロボでコントロールし、スカパラのみなさんとさかなクンの最高の笑顔を撮影した直後、出番前にもかかわらず、さかなクンはボクに近寄ってきてくださり、『ちょっと待っててギョ』とご自身のスタッフのところに行き、すぐさまボクのところに戻るや否や、『撮影ありがとう!』と言ってこのステッカーを5枚ほどくださったのでした。

撮影中は積極的に盛り上げてくださり(もちろん、スカパラメンバーも)、撮影後にはご丁寧にステッカーまでくださるお人柄に、ボクと編集スタッフは1発でノックアウト。

そのままライブを観ることができ、スカパラ×さかなクンのライブパフォーマンスで気分が上がり、その後の撮影もスムーズに無事に終える事ができたのでした。

JAPAN JAM 2019の熱狂をもう一度!ということで、コチラもよろしくお願い致します!

 

本誌詳細

| 撮影現場から | 23:16 | - | - |
| 1/25PAGES | >>