S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
大阪出張

大阪出張。密室で長時間移動だからちょっと心配していたのだけど、新幹線自体ガラガラだったから気持ち的に安心した。とはいえ注意は怠らない。席取るところから始まり、マスクはもちろん、まめに手洗いうがいを努めて勤しんだ。撮影中も今日初めてマスクをしながらだった。それはクライアントからの事前通達で決まりだったから。自分自身もそうだが、もしかしたらお相手にうつしかねない怖さが厄介だったりする(保菌していた場合)。撮影中の集中力は相当なもので、自然と熱気を帯びてきているようで、その熱気にファインダーが曇る曇る。正直煩わしくて撮りにくい。ただ、来週以降の撮影もマスク着用がマストかな。ここ何日かで有名人やアスリートの方にも感染者が出ている状況をみると、いよいよ実感を伴った身近なウイルスとして、より気を引き締めて生活していかなければと意識するようになった。ホントはせっかくの大阪だから食道楽したかったのだけど、すぐさまチケットを取り直し帰京することにした。まずはココが踏ん張りどころ。みんなで力を合わせて乗り切らないと。

続きを読む >>
| 撮影現場から | 23:17 | - | - |
NUDE撮影

10.JPG

 

二ヶ月に一度の間隔でおこなっているNUDE撮影だが、前回からちょっと間が空いて四ヶ月ぶりの撮影だった。通常のポートレート撮影と違いアプローチが異なるため、本調子になるまでに時間が掛かってしまった。ライブの撮影でも同じことが言えるのだが、定期的に撮影していないと感覚が鈍ってしまっているようで、やはりいろんなタイプの撮影を定期的に満遍なくやることの必要性を痛感した。ライブ撮影にしろ、NUDE撮影にしろ、瞬時の感覚的判断が必要になってくるから、本来ならまっさらな状態の初期衝動で撮ることが良い写真になるはずなのだが、どこかで俯瞰した目線(冷静な判断)もないと、写真のバリエーションに偏りが出てしまう。本調子の時はその俯瞰した目線が無意識のうちにできていて、この状態を維持するのには定期的な撮影(鍛錬)に他ならない。だからといって待っていても自分が望む仕事は簡単やってこないので、今後はもっと自分から積極的に動いてみようと思う。写真は鶯谷駅地下通路の壁画。渋谷、新宿といった歓楽街ではなく、自分で決められるNUDE撮影の時は何故か鶯谷界隈になってしまう。独特な猥雑(背徳)な香りを感じとっているのかもしれない。

 

11.JPG

続きを読む >>
| 撮影現場から | 23:48 | - | - |
福岡出張

福岡出張。

昨夜は昨年末の出張時、行こうとして行けていなかったソフトバンクホークス王会長お気に入りのお店『您好! 朋友』でひとり打ち上げ。

大衆的本格中華で、期待通りボクの好きな感じ。

厨房には料理人が三、四人いて、中国語が飛び交う活気ある賑やか雰囲気。も

ちろんこのお店の名物・酸辣湯麺は酸っぱさとピリ辛が絶妙なバランスで美味しかった。

ホントはいろんな料理を注文したいところだけど、井之頭五郎さん(孤独のグルメ)のようにたくさん注文できず、お酒飲みながらだと二品が限界。でも満足。

他の料理は次回出張時にしよう。

この後は天神・中洲でも!といきたいところだけど、あいにく撮影したデータが7,000カット近くあってバックアップが急務だったので、酒場散策も次回の楽しみに。

今日も先ほどまで撮影し、急いでタクシー乗って今は最終便の飛行機の中。

また来たいな、福岡。

 

08.JPG

 

05.JPG

 

04.JPG

 

01.JPG

続きを読む >>
| 撮影現場から | 23:01 | - | - |
風船

E841C668-397D-4CEC-97C3-06EDD66757A6.JPG

 

 

撮影の小道具で風船を使った。

ヘリウムガスが1日保たず、撮影当日にロケアシにピックアップしに行ってもらい、スタジオまでタクシーで来てもらうという、現場はハラハラドキドキの時間との闘いだったけど、その甲斐あって可愛らしい写真が撮れた。

可愛い女の子と風船って相性抜群!

続きを読む >>
| 撮影現場から | 22:33 | - | - |
松本出張

00.JPG

 

今日の現場は松本。

あずさ号快適!

登山客を想定して車両に荷物置き場が設置されてあるので、荷物多めのカメラマンにも便利。

コンセントも常備されているから、帰京するまでに画像セレクト完了。

続きを読む >>
| 撮影現場から | 16:03 | - | - |
正真正銘、プロレスラー。

昨日は久しぶりにリングサイドで試合写真を撮影した。

全盛期を彷彿とさせる盛り上がりで、当時少女だったファンは今はお母さんとなり、親子二代で観戦なんて姿も多々見られた。

魅せることがプロレスラーとして大きな要素のひとつであるのなら、まさしく正真正銘、プロレスラーだった。

リングサイドに陣取る専門カメラマンとは過去何度かバトルになった(若気の至り)こともあり、今はもう大人だからそうならないよう撮影前に『お邪魔します!』『よろしくお願いします!』と挨拶したのだけど、マイルドにだがチクっと上から目線で釘を刺された。

全ては良い写真にするため。

『すみません』って頭を下げていれば問題ナシ。

こういった現場での立ち振る舞いも経験の積み重ね。

いろんな意味で月日を感じた撮影だった。

 

000.jpg

続きを読む >>
| 撮影現場から | 03:19 | - | - |
雨の鳥取砂丘

002.jpg

 

仕事です!雨の鳥取砂丘。独り占め!

 

001.jpg

 

撮影後は身体ポカポカ蟹鍋。

続きを読む >>
| 撮影現場から | 23:40 | - | - |
新潟出張

来月中旬まで地方への出張が続く。

今日は新潟。

東京は暖かかったし、出張時の機材は大荷物なので、汗をかくことを想定して薄着で行ったら、新潟めちゃくちゃ寒かった。

しかし、撮影終わりに皆さんと軽く食事をした際に日本酒をまあまあ飲んだので、今はTシャツでもポカポカ。

写真は行きの新幹線のお楽しみ、タキモトの贅沢ミルフィーユ。

 

011.jpg

 

012.jpg

続きを読む >>
| 撮影現場から | 23:17 | - | - |
歌舞伎町Halloween

 

昨夜は仕事帰りに新宿歌舞伎町に寄った。

ちょっとしか時間なかったけど、ハロウィンを楽しむ人たちを撮ろうかなと。

ただ、渋谷の狂騒状態(今年はどうだったか分からないが)には行く気になれず、きっと歌舞伎町なら適度な盛り上がりかなと行ってみたものの、仮装姿の人たちはあまりいなかった。

それでもボクのカメラに収まってくれた人たち。

 

08.jpg

1枚目はスペインから来てくれたカップル。赤色が目に留まって。控えめで慎ましやかなとこも好感持った。日本を満喫してくれたら嬉しい。

 

07.jpg

2枚目の男の子はシャイボーイでカメラ向けたらママに隠れちゃった。

 

09.jpg

3枚目は突如『フォウ!』って雄叫びが聞こえたんで振り向いたら、マイケルだった。『ヘイ!』って声を掛けたらBADの決めポーズをしてくれた。日中はグラビア撮影でモデルさんと同じく(合わせて)ボクもいろんなポーズで撮影したから、今朝は筋肉痛と心地よい疲労感。

 

 

続きを読む >>
| 撮影現場から | 23:55 | - | - |
雨の日の撮影

 

昨日の雨空からうってかわって今日は気持ち良いくらいの晴天。昨日の撮影が今日みたいに晴れてたらなーとは思ったが、雨空の撮影はそれはそれで嫌いじゃない。雰囲気のある良い写真になることが多いから。ただそれは被写体あってのこと。被写体はもちろん、スタイリストや相手側スタッフの協力が不可欠。特に昨日の撮影は外ロケ撮影が必須なものだっただけに、撮影前の雨空にはかなり気を揉んだ。しかし幸いなことに、事務所からは快いお返事を頂き、事前にご挨拶したスタイリストさんにも、『ちょっと濡れたくらいは問題ないので、気にせず撮影に集中してください』と。さらに『濡れたとしてもその状態をケアするのがボクの仕事なんで』と男前なお言葉も。ここまで好条件が揃ったら、あとはカメラマンのボクの責任。攻める時は攻め、気を使うべき時はすぐさま引いて雨の中撮影敢行。ビニール傘の雨粒が瑞々しさを演出するしずる感となり、柔らかな表情をより良いものにするのに一役買っていた。仕上がりを見たクライアントの満足げな表情を確認できたので一安心。写真は雨空のイメージで、今撮りためてるポートレートシリーズから。

 

06.jpg

 

07.jpg

続きを読む >>
| 撮影現場から | 22:25 | - | - |
| 1/25PAGES | >>