S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
さかなクン

12.jpg

 

さかなクンから直接頂いたステッカー。

現在発売中の『JAPAN』の特別付録にて、JAPAN JAM 2019のSKY STAGEご出演のアーティストの撮影を担当しています。

その中でスカパラ×さかなクンを撮影したのだけど、逆光をうまくストロボでコントロールし、スカパラのみなさんとさかなクンの最高の笑顔を撮影した直後、出番前にもかかわらず、さかなクンはボクに近寄ってきてくださり、『ちょっと待っててギョ』とご自身のスタッフのところに行き、すぐさまボクのところに戻るや否や、『撮影ありがとう!』と言ってこのステッカーを5枚ほどくださったのでした。

撮影中は積極的に盛り上げてくださり(もちろん、スカパラメンバーも)、撮影後にはご丁寧にステッカーまでくださるお人柄に、ボクと編集スタッフは1発でノックアウト。

そのままライブを観ることができ、スカパラ×さかなクンのライブパフォーマンスで気分が上がり、その後の撮影もスムーズに無事に終える事ができたのでした。

JAPAN JAM 2019の熱狂をもう一度!ということで、コチラもよろしくお願い致します!

 

本誌詳細

| 撮影現場から | 23:16 | - | - |
江戸東京たてもの園

撮影で江戸東京たてもの園に行きました。

撮影終わりに撮影チームのみなさんと涼みに入った『武蔵野茶房』がとても良かった。

レトロな店内は雰囲気が良く、店員さんの制服が大正テイスト?で可愛らしかった。

アイスコーヒーは氷が溶けても薄まらないようコーヒー氷。

お花をそっと添える細やかなセンス。

一緒に注文したカレーも美味しかった。

ボク以外みんな女性で、食事は女子会とばかりにアイスクリームのデザートを食べてたけど、何故か男ひとりのボクはやせ我慢(カッコつけて)してやめておきました。

ホントはスイーツ男子とまではいかないけど、甘いものが好きだからすぐに後悔した。

今回時間がなくて園内をゆっくり見ることが出来なかったから、いつかまたプライベートでゆっくり散策してみたい。

 

05.jpg

 

10.jpg

 

03.jpg

 

04.jpg

 

江戸東京たてもの園

| 撮影現場から | 23:23 | - | - |
NUDE撮影

 

スカイツリーが見渡せる抜群のロケーションが今日の現場。

 

04.JPG

 

NUDE撮影。

 

02.JPG

 

久しぶりに1日に2人の女の子。

どんな感じの方かなと毎回ドキドキしながらお会いするのだけど、タイプは違えどどちらも性格の良い、しかもエロティックな女の子で、イマジネーションが刺激されていっぱい撮ってしまった。

合計5,000カット。

これから画像整理して、ダブルバックアップもしないとだから、寝るのは明け方。

日付変わって今日は俳優の密着、明日はプロ野球選手。

被写体の幅が広いのは有難いことで、それぞれ違ったアプローチが要求されるから、撮影に挑む際の気持ちは常に新鮮。

ポートレートは楽しい!

 

03.JPG

| 撮影現場から | 02:35 | - | - |
りりはちゃん

ロケハン終わりに立ち寄った新宿中央公園で、ラテンフェスティバルが催されていた。

モヒート片手に会場中央のサルサダンスを眺めていたところ、背後から何やら強い視線が。

 

03.JPG

 

02.JPG

 

大きなカメラが珍しかったのか、お目目くりくりでボクのことをガン見している赤ちゃん。

可愛らしかったから写真を撮らせてもらった。

りりはちゃん。

頭のリボンがお似合い。

 

01.JPG

 

00.JPG

| 撮影現場から | 23:24 | - | - |
野球選手の撮影

久しぶりに野球選手の撮影だった。

 

00.jpg

 

練習時は他の報道記者とカメラマンに混じって遠くから。

撮り下ろしの撮影は練習終わりにグランドで。

あー、この感じ久しぶりだと、忘れてた感覚が蘇ってきて楽しかった。

特に野球選手を撮影する時はライティングに要注意で、帽子のツバで目元がシャドーにならないようにするのが大前提なんだけど、撮影前のテスト時間はなかったから、そこは今までの経験値でカバーした。

さらに大事なのは、練習終わりだから身体を冷やさないよう、こちらの段取りで選手に負担を掛けないよう短時間で撮影を終えること。

この現場感、もっともっと味わいたい。

リトルリーガーだった自分としてはプロ野球選手は尊敬しうる特別な存在。

今年は野球選手をもっともっと撮っていきたいと思ってる。

| 撮影現場から | 23:23 | - | - |
ロケハン

本番撮影を想定し、現場周辺を事前にロケハンする写真散歩は、とても楽しい。

 

今日出会った方々。

 

01.JPG

 

カメラ目線をしないで大好きなおじいちゃんをずっと見つめていたい12歳のワンちゃん。

 

00.JPG

 

ドライバー仲間と待ち合わせて一服休憩するタクシードライバー。

 

街歩きの撮影では、スティーブ・ショアやウィリアム・エルグストンを意識しています。

ちなみにポートレートは牛腸茂雄。

 

 

| 撮影現場から | 21:57 | - | - |
St. Patrick's Day

St. Patrick's Day@代々木公園

 

10.JPG

 

08.JPG

 

06.JPG

 

13.JPG

 

09.JPG

 

11.JPG

 

07.JPG

 

05.JPG

 

04.JPG

 

12.JPG

 

03.JPG

 

ちょっとしか居れなかったけど、ゆったりした時間の流れだった。

 

| 撮影現場から | 23:44 | - | - |
プロレス撮影

01.JPG

 

昨夜は久しぶりのプロレスの撮影だった。

馬場さんの没20年追善興行。

その中で催されたアブドーラ・ザ・ブッチャーの引退セレモニー。

錚々たるレジェンドレスラーが駆けつけ華を添えていた。

撮影はオフィシャルでしかリングサイドで撮れないという規制があったのだけど、ブッチャーさんの10カウントの写真に限っては、撮影エリアである二階席からの撮影が正解だった。

 

02.JPG

※写真は掲載誌FRIDAY発売日(3/1)に合わせて追記としてアップしました。

 

リングにポツンとスポットライトを浴びるブッチャーさん。

天を確と見上げるその姿にはグッとくるものがあった。

 

ブッチャーさんの魂のラストメッセージ。

 

若い人に言いたい。

自分の親が年を取っても、決して老人ホームにぶち込んで忘れるようなことはするな!

いづれお前たちも年を取ってそういうことになるのだから。

ちゃんと親を大事にしろ。

それだけを言いたい。

忘れるんじゃないぞ!

 

現役時代、悪役で名を馳せたブッチャーさんだからこそ重みのある言葉。

 

全試合が終わり、データをバックアップをして会場を後にしようとしたところ、なにやら長蛇の列。

ブッチャーさんが並んでくれたファンにサインを書いていた。

悪役ながらも多くのファンに愛されたブッチャーさん。

その姿には泣けた。

 

スポーツ報知

 

 

 

 

| 撮影現場から | 07:57 | - | - |
COUNTDOWN JAPAN 1819

48939763_2105321799544895_5216313892107452416_n.jpg

 

49696346_2105321822878226_1988533161847422976_n.jpg

 

 撮影準備完了。今年最後の撮影。

通常通り気を引き締めて臨みたい。

 

countdowanjapan.jp

| 撮影現場から | 11:10 | - | - |
人間の防御本能

505A5BE4-A191-4A15-8785-CBCB54447336.JPG

 

派手にやってしまった。もう笑うしかない。

撮影中、脚立で滑って身体ごと落下してしまった。

雨が降っていたのにも関わらず、自分の運動神経を過信してしまった。

その場には多くの演者、スタッフが居たので迷惑を掛けられず、すぐさま自らの姿を笑いにして別のカメラで撮影を続けた。と、そんなトラブルの事の顛末を書きたいのではなく、本題は人間の隠れた防御本能について。

派手に落下したが、身体に目立った外傷はなく、もちろん血も出ていない。

多少打ちつけた部分が痛むくらいで、それでも我慢できる範囲だ。

しかし、身体全身なぜか強烈な筋肉痛。特に腹筋がヒドい。

これは医学的に何の根拠はないのだけど、落下と同時に身体が危険を察知して衝撃に耐えれるよう瞬時に全身の筋肉に力を入れたのではないかな?と。

このように考えるようになったのは、昔『リングにかけろ』というボクシング漫画で読んだことを今でも鮮明に覚えていたから。

火事場のクソ力じゃないけど、人間はいざという時にかなりの衝撃に耐えうる防御本能が働くと書いてあり、今回まさにそうじゃないかと。

残念ながらカメラ、レンズは守れなかったけど(それでもカメラは落下した後もしっかりと握ったままだった)、大事に至らなくてホント良かった。

打ち所が悪かったらと今考えるとゾッとする。

そう考えると、気持ち切り替え楽観的だ。

カメラ、レンズは早速共に購入。

先ほどにはクライアントからのメール。

今回のアクシデントを案じていたのは有り難いし、心配掛けてしまいとても心苦しいが、写真はとても良く選ぶのが大変であると。

何よりも嬉しい言葉。

撮影は残すところ大晦日まで四日間。

前向きな気持ちのまま、こちらの撮影も頑張りたい!

| 撮影現場から | 23:14 | - | - |
| 1/24PAGES | >>