S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
鳥柄デザイン

20.JPG

 

小鳥柄のデザインにはついつい目がいってしまう。

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 00:01 | - | - |
曽我部恵一さん

00.JPG

 

01.JPG

 

撮影で曽我部恵一さんにお会いした。

ご自身が経営されているレコード店で。添付の写真はレコード店のグッズのエコバック。撮影終わりに曽我部さんから頂いた。帰宅して早速ドリちゃんの商品チェック。『大きくていっぱい入って便利ですよー』とドリちゃん。ビル1階にはこれまた曽我部さんが経営されるカレー店『カレーの店・8月』音楽以外でもいろんなお顔をお持ちの曽我部さん。お会いする度に若々しくなってる。素敵!

 

02.jpg

 

03.JPG

 

↑ボクが撮影担当したアルバムジャケット

 

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 23:38 | - | - |
今日から10月

04.JPG

 

早いもので10月。学生時分であれば衣替えのタイミングだろうか。
当初、まさかコロナになって撮影が出来なくなるなんて夢にも思っていなかった。
来年の今頃はどうなっているだろうか?
幸いにもボクの撮影は70パーセントぐらいの割合で再開している。
それでもボクの得意スタイルである密着撮影はまだ出来ないでいる。
しかし、ライブ専門のカメラマンはもっと厳しいだろう。
飲食、観光業の方々もそうである。
現状に抗うことが出来ないのはなんとも歯痒いが、その状況をサポートするシステムが政治や行政になるのだけど...。
実情は安心できる状況にない。
今はただ日々粛々と暮らしていくだけ。

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 23:37 | - | - |
街の灯り

5D60C339-9518-4835-94A2-5AFE05A41C1F-3606B6AA-654D-487E-9BAF-A4A79D244EAC.JPG

 

今でも太陽光が1番綺麗だと思っているけど、最近は夜になった時の人工的な光にも惹かれるようになった。

ファインダー越しからの風景はいつだって新鮮。

 

281AF324-33ED-45E8-A655-AC18DD634B0B.JPG

 

B0F68490-7045-4402-BEF5-835E6DB67CFF.JPG

 

12C73383-529B-42D8-8C1E-C77420E14362.JPG

 

E86778BB-6272-4941-871E-B6350CC0A4A9.JPG

 

0DD399FC-CB84-4EEF-BE18-6B4319E2DC35.JPG

 

041AA864-0E5C-46F0-818B-B87F8F6192CA-6741B091-A298-4C70-B989-282302DDDD07.JPG

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 23:57 | - | - |
夏の光

19.JPG

 

夏の光が恋しい。

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 23:31 | - | - |
石井隆の世界

23.jpg

 

憂いげでミステリアスな女性の横顔。想像力を掻き立てるこのポスター、学生時分に出会い、すぐさま劇場に。その後も作品世界にハマっていったのが石井隆さんが描く官能的ノワールの世界。劇画漫画家であり、自身の作品を映画化する際に監督としても活動をする。ボクはこのポスターから映画作品を見始めたのだが、映画の原案である劇画漫画の方は未見だったので、グラビア撮影時の参考にと購入した。ファムファタールとも言える主人公名美のエロティックな描き方、ネオン煌びやかな夜の街、大胆な構図など、とても刺激になり影響も受けている。しかし魅力はそれだけに留まらず、ストーリーというか、作品の根底にある設定、決して結ばれることのない男女、つまり、村木と名美をめぐる物語(多くの作品の主人公の名前)に強く惹かれているのだ。詳しくは検索して調べてもらいたいのだが、2人の純愛とも言える究極の愛のカタチにグッときてしまう。初めての方には、劇画のタッチや初期映画作品がロマンポルノであることから、作品世界への入り口はハードルが高いかもしれない。しかし、村木と名美の濃密な純愛物語はアート性の強い文学作品にもなっているので、ぜひ多くの方に見てもらいたい。特に女性に。

 

IMG_2812.jpg

追記。ロマンポルノ全盛の時代には多くの才能が集結していた。中でも神代辰巳監督作品の『恋人たちは濡れた』は名作。当時の社会情勢(安保闘争)に多分に影響された若者たちの空気感を見事掬い取っている。虚無的な若者の心情はラストの名シーンに繋がっている。未見の方は是非今作もご覧になって頂きたい。

 

IMG_2851.jpg

さらに追記。ボクの記憶違いでなければ、今作を観たショーケンが『青春の蹉跌』『もどり川』出演と繋がり、『もどり川』では監督のオファーまで願い出たはず。ホンモノはホンモノを知る。

 

 

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 23:22 | - | - |
東京は、秋

21.JPG

 

秋かな?秋ですね。

 

22.JPG

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 23:21 | - | - |
夜の散歩

07.JPG

 

夜の散歩が涼しくなったことで歩きやすくなった。コロナになったことでジムを退会し、自宅周辺を散歩するようになって早半年。たまに夜のスナップ撮影をすることも。自分の住む街がこんなにも彩り豊かだったとは!と再発見。夜の散歩はコロナ以後の生活の変化のひとつ。ちなみに、カメラはLeica M10-R。増感時の粒子荒れがなく、三脚無くても素晴らしい描写力!

 

08.JPG

 

05.JPG

 

09.JPG

 

 

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 23:11 | - | - |
瞬間と永遠

1BC006BA-6899-4C74-BD09-448639F7F7F7-F531B65C-1E5C-4213-A178-A6D805E17B40.JPG

 

常々タイムレスな写真を撮りたいと思っている。

Leica M6で20年ぐらい前に撮った写真。フィルムはコダックポートラ400NC。温もりのある質感はデジタルではなかなか出せない。何気なく日常のひとコマを切り取った写真であるが、色の配置、構図、今見てもお気に入りの写真。良い写真は色褪せない。


| 考えた・感じた | 23:35 | - | - |
喫茶店のモーニング

F4BAB0B5-4EE6-4868-BD1A-19F3DD43F004-D6C923E1-B10D-4A9D-A699-456F6F4DBA33.JPG

 

スタバのようなオシャレカフェも好きだけど、モーニングがあるような喫茶店も好きなんです。

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 22:07 | - | - |
| 1/31PAGES | >>