S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
破壊王

11.JPG

 

今日は破壊王の命日。

うだるような暑さの日に葬儀に参列したのを思い出す。

 

大好きなプロレスラー。

強くて面白くて、そして泣かせる(試合が)。ボクが思う理想のプロレスラーを体現していたのが破壊王こと橋本真也だ。ボクは一時期破壊王が立ち上げた団体ZERO-ONEのオフィシャル撮影をしていたことがあった。幼い頃からプロレス、格闘技が好きで、それを見て育ってきたのだが、試合の写真を撮るのは初めて。今ではポートレート(人物)撮影だけに留まらず、音楽ライブやスポーツにグラビアなど、仕事内容は多岐にわたるが、他分野にどんどんと挑戦していこうと思い至ったきっかけはこの時からだった。ZERO-ONEでの試合撮影では、何故か破壊王のファイトに涙でファインダーが曇ったことが多々あった。それはまるで破壊王劇場と呼ばれるような激情型のプロレスで、マイクアピールを含めて、愚直にカッコ悪さを晒しながらも、見るものを魅了してしまうものだった。破壊王が亡くなられてどれくらい経っただろうか?破壊王の入場曲『爆勝宣言』は、今聴いてもブルッと感情を揺さぶられてしまう。会場に鳴り響いた時の地響きのような『ハッ、シッ、モトッ!』コール。その時の凄まじい熱狂をボクは忘れない。

 

ここに添付した相手を睨みつけるヨコイチの写真は、試合写真だからといって技を繰り出す瞬間ではなく、人物ポートレートをあえて意識したクローズアップ写真で、喜怒哀楽といった感情表現が豊かな破壊王だからこそ撮影出来たと思っている。

 

10.JPG

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 07:28 | - | - |
胸が痛い

九州の大雨被害の映像、ただでさえコロナ禍で大変な今、見ていて胸が痛む。来年のオリンピックが未だ開催されるのか分からない状況の今、いっその事早期に中止の判断をし、オリンピックの予算を被害支援に充てらないものか?と感じてしまう(そう物事単純でないのは理解してるが、心情として)。その意味で、先日の都知事選がドラスティックに政治を変えるチャンスであったのだけど...。これ以上の被害拡大にならないようお祈り申し上げます。

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 07:30 | - | - |
『夜明けのうた』

D167EFA1-D58D-4E79-9CE3-F8197C47AE51.JPG

 

毎週欠かさずに観ている番組『ガイアの夜明け』
放送開始直後から観ている大好きな番組だ。この番組が取り上げる、市井の人々の困難に立ち向かう不屈の姿に、いつも勇気づけられている。そして、そんな人々に寄り添いエールを送る番組エンディング曲が、宮本浩次さん『夜明けのうた』だ。番組のために書き下ろした曲だけあって、終盤にこの曲が鳴り響く瞬間はゾクゾクってするほど感動的で、気持ちが昂ってしまう。まさに番組のコンセプトにピッタリ合致する名曲だ!これはいつも感じることだが、宮本さんが作る楽曲からは、愚直なまでに悲しみや孤独と対峙してきたであろう宮本さんの後ろ姿と、逃げずに対峙してきたからこそ備わる優しさを感じ取ってしまう。つまり、楽曲の世界観を宮本さんご本人に投影して聴いてしまうのだ。だからか、何度撮影でお会いしても緊張してしまう。この『夜明けのうた』も間違いなく名曲で、前回撮影する前にすでにこの曲を聴いていた自分は、その世界観にヤられてしまい、案の定撮影時に緊張しまくっている自分がいた。世界的にコロナ禍で日常生活が困難な今、この曲はどこまでも優しく語りかける。こんなふうに。

以下『夜明けのうた』の一節

時に悲しみに打ちひしがれて
ふと忘れたふりしてた涙が 頬をつたうよ
でも町に風が吹き 明日がわたしを誘いに来る
ああ ようこそこの町へ わたしの住む町へ

ああ 夜明けはやってくる 悲しみの向こうに
ああ わたしも出掛けよう わたしの好きな町へ
会いにゆこう わたしの好きな人に

歌:宮本浩次
作詞:宮本浩次
作曲:宮本浩次

 

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 10:47 | - | - |
要警戒!

東京都3日連続コロナ感染者100人超え。

日常を取り戻すのに険しい道のりであることは覚悟をしていたけど、ここにきてその厳しさが数字となって表れた。自分も含めて、今一度気を引き締めて生活していくしかない。明日は都知事選か。この状況の中、リーダーを決める大事な選挙。しっかりと見極めたい。

 

00.JPG

上記の写真は長く撮りためている作品の中の1枚。

下校途中の小学生と交通指導員のおじさん。戯ける子供たちと真面目な表情のおじさんのバランスが絶妙で好きな1枚。早くこの写真のような穏やかな日常が来ることを願って。

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 23:36 | - | - |
祝!プロ野球開幕!!

祝!プロ野球開幕!!

 

00.JPG

 

写真は去年の開幕前に撮影したジャイアンツの若き主砲・岡本和真選手。撮影でお会いするのは入団1年目に撮影した時以来2度目。ユルーい人柄で笑顔もチャーミングなのだけど、ここは名門ジャイアンツの4番打者らしく、キリッとした表情で撮影しました。野球選手の撮影は帽子を着用しているから、目の当たりがシャドーになりがちなので、そうならないよう絶妙にライティングしてコントロールしている。ジャイアンツ躍進のカギは岡本和真選手の活躍に懸かっている。コロナを吹き飛ばすような活躍で観るもの魅了するプレーを期待している。

 

01.JPG

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 23:42 | - | - |
『ROCKY 検

03.JPG

 

はまの屋の店内では美しいピアノの音色が響き渡っていたのだけど、それは珍しいようで、いつもはRocky4などのサントラが掛かるようだ。仕事前のサラリーマンにはアガるだろうなと感心していたボクに、店員さんが聴きますか?と提案してくれたけど、恥ずかしくて遠慮してしまった。ちょびっと後悔!早く帰宅してRockyくんと遊ぼう。

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 01:45 | - | - |
持続化給付金

持続化給付金申請。

拍子抜けするほど簡単だったのだけど、簡単過ぎて心配になってきた。

ホントに給付されるのかな?待たされるのかな?サービスデザイン推進協議会。

相談会場の方々は段取りよく、コロナ対策もしっかりで、みなさん丁寧だったけど。

写真は有楽町はまの屋のモーニング。終わってホッとしたので。

 

103001040_3117968978280167_5096741823168752059_n.jpg

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 00:29 | - | - |
久しぶりのグラビア撮影

本日久しぶりのグラビア撮影。二ヶ月ぶりか。感性感覚が鈍っていないかと、気持ちが昂りなかなか寝つけないでいる。そのため、過去の自分の作品を振り返り、イメージトレーニングとばかりに写真を眺めているが、結局は実際に女の子と対面した時に感じるインスピレーションが全てということで、気持ち鎮めて寝ることにします。

 

IMG_9548.JPG

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 04:30 | - | - |
廓噺

映画『吉原炎上』

 

 

落語を熱心に聴くようになり、再び興味が湧いて観た作品。再びというのは、公開当時、名取裕子さんのヌードが話題になり、不純な気持ちで観たことがあったから。その気持ち通り、純粋に作品世界に入っていけないのは確かにあったのだが、遊郭という存在や歴史、そこで繰り広げられる男女の感情の機敏というものが、中学生だった自分にはちょっと難しくて分からない世界だったというのもあった。改めて今観ると、格式高い芸術作品だったんだと驚き。男女間のコトも今ならその気持ちがよーく分かる。落語の廓噺では、なんとなくの想像世界で聴いていたけど、なるほどこういった世界が実際にあったのだと、今後はリアリティを伴ってより深く落語に接していけると思う。それにしても、名取裕子さんがとにかくお美しい。気品があって。そこは改めてビックリした。他にも女優陣のまさしく身体を張った演技が見もので、根津甚八さんのギラギラした感情を抑制した演技も良し。そしてそれを全て可能にしたのは五社英雄演出だからこそ。今後このような熱量の高い作品を作るのは難しいだろうな。表現の規制と演者の気構えとして。

 

廓噺で好きな作品

 

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 01:15 | - | - |
明るいニュース

96627691_3020811137995952_3042533572398284800_n.jpg

 

プロ野球6/19開幕へ 『日常』を取り戻す先陣を切る(日刊スポーツ) 

 

明るい見出しにちょっとだけ気持ちがアガった。ホントのところそれが実現するかどうかはまだ分からないけど、実現すれば大きな一歩になること間違いなし!引き続きStay Homeだ! 写真は2015年宮崎キャンプに取材に行った時のモノ。たまたま遭遇した、目をキラキラさせながら練習風景を見つめる野球少年と坂本選手、小林選手。両選手の撮り下ろしの写真はもちろん撮影したけど、それは許可が必要なので、ここではあえて練習風景のモノを。

 

96404655_3020811244662608_5020098117916164096_n.jpg

 

97042514_3020811177995948_5008990215797211136_n.jpg

 

96794687_3020811277995938_2420122833305731072_n.jpg

続きを読む >>
| 考えた・感じた | 14:33 | - | - |
| 1/29PAGES | >>