S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
<< 藤井隆×椿鬼奴 | main | 仕事です! >>
『愛しのアイリーン』

5EFF445E-6676-45D5-A37C-0DD68EBC41E6.JPG

 

今作の取材で主演の安田顕さんを撮影したから言うんじゃないけど、ボクの予想を遥かに超えた傑作だった!!

ただ、物事の本質をグサグサと突き刺してくる内容だから、好き嫌い分かれる作品だと思うし、心して観ないと確実に気持ちをもっていかれる(ハマる、落ちる)作品になっていると思う。

それは、人間なら誰しもが持ってはいるが、表に出さずに心の隅の隅に隠し持っていたい感情がこれでもかと露わになっているから。

愛情の純度密度を突き詰めると、何故にこうも過剰な(偏った)愛情表現になってしまうのか?

観ているボクはもっと違ったアプローチ(イージーな)があるのになと思う反面、内心どこかで主人公岩男に自分を投影(共感)しているところがあって、と同時に自分の嫌な部分を観てしまっているような気持ちにもなり、それでもっていかれるのだと思う。

演者の演技がとにかく素晴らしい!

それは脇を固める演者全てにも言える。

岩男の愛、アイリーンの愛、そして岩男の母ツルの愛、それぞれの愛のゆくへはどこへ向かうのか?

是非直接劇場で目撃して欲しい。

 

 

最後に。

内容は全く違うが、フランス映画の『ベティ・ブルー』を思い出した。

当時高校生の時に観て強烈な印象を受けた作品だ。

どちらも愛の純度密度を過剰なまでに突き詰めた作品である。

合わせてこちらも是非!

 

| 観た | 23:51 | - | - |