S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
<< 再び音楽がライブ会場に溢れますように | main | 祐天寺『ばん』 >>
Badly Drawn Boy

image.JPG

 

時間があるので過去の写真を整理している。そこで見つけた懐かしいプリントを早速スキャニング。マンチェスターの酔いどれ吟遊詩人ことBadly Drawn Boy(デーモン・ゴフ)。日本初来日時にアー写として撮影した時のモノ(2000年)。3枚目の写真は盟友Andy Votel(DJ・グラフィックデザイナー)と。彼の音楽を聴いたことのない方は是非一度聴いて頂きたいのだが、実に豊潤なメロディーの楽曲群で、空気が澄み渡った朝の田園風景が浮かんでくるような優しいサウンド。そのイメージから可能な限りヴィジュアルイメージを近づけようと、代々木公園で撮影。時間帯は陽が沈む前のマジックアワー。澄み渡った朝の空気感ではなかったけれど、夕暮れの空気感もこれはこれで雰囲気が良く、お気に入りの仕事となった。後日談として、日本滞在中の彼らに写真をプレゼントしようと再度お会いしたのだけど、写真をとても気に入ってくださり、イギリスで撮り下ろした写真よりとっても良いよと、お褒めの言葉を(リップサービスだと思うが)頂いた。ちなみに、ボクの大好きな映画、ヒュー・グランド主演の『About a Boy』のサントラを手掛けています。またこのサントラが実に素晴らしい!是非映画もサントラもチェックして頂きたい。

 

image 2.JPG

 

BAEAF941-19DA-4431-97C6-ABEDC50742A6.JPG

 

これを機に最近の活動は?と思って調べてみたら、10年ぶり?に新作を発表していて嬉しい驚き!才能あるアーティストだから、もっとたくさんの曲を期待したいのだけど。この曲、良い!

 

 

この撮影の後に曽我部恵一さんとの対談も撮影。それ終わりにはライブも。生で聴くとよりダイレクトに曲の素晴らしさが伝わってきたのだけど、後半は酔っていたのかグダグダになってしまった記憶が。そんなところも彼らしくてボクは満足だった。

 

 

| オシゴト | 23:40 | - | - |