S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
<< 胸が痛い | main | ⭐HOSHINOさん >>
破壊王

11.JPG

 

今日は破壊王の命日。

うだるような暑さの日に葬儀に参列したのを思い出す。

 

大好きなプロレスラー。

強くて面白くて、そして泣かせる(試合が)。ボクが思う理想のプロレスラーを体現していたのが破壊王こと橋本真也だ。ボクは一時期破壊王が立ち上げた団体ZERO-ONEのオフィシャル撮影をしていたことがあった。幼い頃からプロレス、格闘技が好きで、それを見て育ってきたのだが、試合の写真を撮るのは初めて。今ではポートレート(人物)撮影だけに留まらず、音楽ライブやスポーツにグラビアなど、仕事内容は多岐にわたるが、他分野にどんどんと挑戦していこうと思い至ったきっかけはこの時からだった。ZERO-ONEでの試合撮影では、何故か破壊王のファイトに涙でファインダーが曇ったことが多々あった。それはまるで破壊王劇場と呼ばれるような激情型のプロレスで、マイクアピールを含めて、愚直にカッコ悪さを晒しながらも、見るものを魅了してしまうものだった。破壊王が亡くなられてどれくらい経っただろうか?破壊王の入場曲『爆勝宣言』は、今聴いてもブルッと感情を揺さぶられてしまう。会場に鳴り響いた時の地響きのような『ハッ、シッ、モトッ!』コール。その時の凄まじい熱狂をボクは忘れない。

 

ここに添付した相手を睨みつけるヨコイチの写真は、試合写真だからといって技を繰り出す瞬間ではなく、人物ポートレートをあえて意識したクローズアップ写真で、喜怒哀楽といった感情表現が豊かな破壊王だからこそ撮影出来たと思っている。

 

10.JPG

 

| 考えた・感じた | 07:28 | - | - |