S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RockyくんとAdrienneちゃんへ

C295743B-7038-4D42-B482-3EBD7FB29BC8.JPG

 

| Pippo・Bebe・Rocky・Adrienne・マメルリハ・小鳥・pacificparrotlet | 23:37 | - | - |
『新聞記者』

 

観た。よくぞこのタイミングで公開したな。

製作陣、演者さんの気持ちが伝わってきた。

まず映画として最後まで緊張感あって凄く面白かったけど、一方で現在進行形の日本の政治を反映した内容というのもあり、凄く怖さも感じた。

ラスト、あの終わり方にリアリティを感じてベストな終わり方だと思った。

劇場は満席。

こういった作品が満席になるのは良いことだな。

| - | 22:18 | - | - |
『凪待ち』

 

良かった!香取慎吾さんがとにかく良かった!!

他の演者の演技も、キャラ設定も、監督の演出も、ホンも、全てが良かった!

観賞後の余韻は、なんか良質な小説を読んでいるような読後感で、観終わって1時間経つが、まだその余韻に浸っている。

昨年、『スリービルボード』というこれまた傑作を観たのだけど、それを観た時のような同じ種類の余韻。

香取さん、良い作品、良い監督に出会ったんだなー。

今後の役者仕事が楽しみ!

 

| 観た | 00:35 | - | - |
ウルフルズ

ウルフルズ撮影しました!@音楽ナタリー

 

スクリーンショット 2019-07-11 0.32.18.jpg

 

実はメンバー撮影は初めて。

JAPANフェスのバックステージではスナップ撮影でよくお会いしていたけど、それでもスナップでの撮影はもう7,8年前ぐらいまでだからかなり久しぶり。

それなのに、トータスさんは何故かボクを認識してくれていて、渋谷でボクを見かけたトータスさんはわざわざ遠方から挨拶しにきてくれたり、フェス前日の夜、コンビニでバッタリお会いして挨拶しあったりと、お会いするたびに満面の笑顔でトータスさん。

ジョンBさんとサンコンJr.さんはほぼ初対面だけど、何故か前から知り合いだったテイで接してくださる。

お三方、とってもフレンドリー。

だから写真は全体的に明るくポジティブなテイストにしたかったから、シンプルライトにして、ボクがチョロチョロ動き回ってナイスな表情を引き出すスタイルに。

撮影終わって別れ際、『また夏フェスでねー』ってトータスさん。

素敵なオトナだなー。

濃密テキストも必読です!

 

音楽ナタリー

| - | 23:34 | - | - |
ロケハン

00.jpg

 

01.jpg

 

02.jpg

 

03.jpg

 

04.jpg

 

先日某アーティストを撮影する際に、事前に事務所スタッフから『この辺りはけっこう撮影で使っているから、あまり新鮮味がないかもしれませんが』と少し申し訳なさそうに言われた。

それならと新たに自分でロケハンし直し、いざ撮影が始まり、良い雰囲気のまま撮影が終わって一言スタッフから『まさかいつも見慣れている風景が写真になるとこうもカッコ良くなるなんて』と、今度はお褒めの言葉を頂いた。

写真の仕上がりはもちろんのこと、ロケ選びの視点を褒められたのは今までに無かったことだから、とても嬉しかった。

カメラマンはとにかく選択の連続。

カメラ選び、レンズ選びから始まり、場所選び、光選び、それにシャッターを押す瞬間を選ぶことまで。

外ロケスナップはその選ぶ瞬間、瞬間のタームがとにかく短く、事前のロケハンをしておくことで選択の判断をアシストできることになる(何より選択の判断に余裕があれば被写体への気遣いに余裕が生まれる)。

だから、どんなに時間が無くても、無理くりロケハンの時間を作り、イメージトレーニングをしながらロケ場所を探すのである。

こういった地味な作業ではあるが、結果に結びつく大切なロケ場所選びを褒められたことは、より一層今後も大切にしなくてはならないことだと改めて感じた。

 

05.jpg

 

06.jpg

 

07.jpg

 

08.jpg

 

09.jpg

 

| 考えた・感じた | 23:11 | - | - |
<< | 2/413PAGES | >>